​精密な診断と治療計画

矯正治療専用レントゲン装置完備

マウスピース矯正に限らず、矯正治療は診断がとても重要です。そして、矯正治療はとても繊細な作業を伴います。口の中というのは肉眼で見ることのできない部分が多いので歯の内部や歯根の部分の診査にレントゲン撮影が必要になってきます。

当院では、歯科用CTとセファログラム(頭部X線規格写真)という専用装置を完備しており、顔面、頭部のレントゲン写真を撮影して分析・診断をすることが可能です。セファログラムでは、「上下のあごの大きさとそのズレ」、「あごの骨の形」、「歯の生える角度」、「口元のバランス」などについて診断することができます。

それを元に制作した「3Dシミュレーション」にて、治療後の仕上げり具合を目視でご確認いただけます。例えば「もう少し前歯を下げたい」「この歯を右に動かしたい」など細かな要望にも対応可能です。

​治療前に治療後の結果が目で見れる 

© 歯科あべクリニック

​栃木県足利市堀込町2023-3

Tel: 0284-64-8241

  • Facebook
  • Twitter