S4NvHSikqDrAL5a1599805815_1599805912_edited.png

​よくある質問

1200682_edited.png

Q

マウスピースは本当に目立たないのでしょうか?

1200682_edited.png

A

はい、無色透明なので本当に目立ちません。近くでじっくりと見ない限り、気づかれないです。

1200682_edited.png

Q

マウスピースを付けている時はにしゃべりにくいですか?

1200682_edited.png

A

インビザラインのマウスピースは厚さ0.5ミリです。治療開始初期は多少の違和感がありますが、普段通り話すことができます。また、大切なときには取り外すこともできるので安心です。

1200682_edited.png

Q

マウスピース矯正は痛みを感じますか?

1200682_edited.png

A

痛みの感覚は人それぞれですが、多少の痛みや圧迫感を感じることはあります。しかしワイヤー矯正と比べると痛みはかなり少ないです。またワイヤー矯正のように装置やワイヤーが外れて舌や粘膜を傷つけることはありません

1200682_edited.png

Q

マウスピースを装着したまま飲み物を飲んでもよいですか?

1200682_edited.png

A

水のみお飲みいただけます。水以外の飲み物はむし歯や着色など汚れの原因になり、高温の飲み物はアライナーをゆがめる原因となりますのでお控えください。

1200682_edited.png

Q

インビザラインによる矯正中の食事制限はありますか?

1200682_edited.png

A

特に食事制限はありません。食事の際には必ずインビザラインのマウスピースを取り外していただきますので、普段通りの食事ができます。

1200682_edited.png

Q

1日どれくらいマウスピースを付ける必要がありますか?

1200682_edited.png

A

1日あたり20~22時間の装着が必要になります。ちなみに、ワイヤー矯正は取り外しができないので24時間装着となります。

1200682_edited.png

Q

マウスピースはずっと同じものを使い続けるのですか?

1200682_edited.png

A

歯の動きに合わせて、約1~2週間ごとに新しい交換しますので、とても衛生的です。

1200682_edited.png

Q

マウスピースのお手入れはどうすればよいですか?

1200682_edited.png

A

外した時に水洗いするだけ大丈夫です。また、ワイヤー矯正だと歯と歯の間に食べかすがつまり歯磨きがとても大変ですが、マウスピース矯正は装置を外して歯磨きができます。

1200682_edited.png

Q

なぜマウスピースを装着しただけで歯が動くのでしょうか?

1200682_edited.png

A

3D技術を用いて、コンピューターシミュレーション上で歯を動かしたデータを元にマウスピースを製作します。そのマウスピースを装着することで歯が動きます。

1200682_edited.png

Q

どんな歯並びでも治るのでしょうか?

1200682_edited.png

A

従来のマウスピース矯正と比べて、適用範囲はかなり広がりましたが、歯並びの状態により全ての症例に対応できるわけではありません。特に骨格のズレが大きい場合(受け口や重度の出っ歯など)はマウスピース矯正では治療が難しくなります。

1200682_edited.png

Q

インビザラインは歯を抜かなくてもよいのですか?

1200682_edited.png

A

3Dシミュレーション上で、できる限り歯を抜かない治療計画を検討しますので、ワイヤー矯正と比べて歯を抜くことが少なくなりました。しかし、歯並びによっては抜歯が必要になることがあります。また抜歯が必要でない場合も歯を並べるスペースを確保するため、わずかに歯と歯の間に隙間を作る処置が必要になることがあります。

1200682_edited.png

Q

マウスピース矯正で気を付けることはありますか?

1200682_edited.png

A

マウスピースが取り外せることはメリットでもありますが、決められた装着時間(1日20~22時間以上)を守らなければ治療が計画通りに進まなくなってしまいます。

1200682_edited.png

Q

1回の治療にかかる時間はどのくらいですか?

1200682_edited.png

A

処置内容にもよりますが、基本的にかかる時間は30分程度になります。

1200682_edited.png

Q

矯正後に治した歯並びが元に戻ることはありますか?

1200682_edited.png

A

生理的な現象の一つとして、マウスピース矯正に限らず矯正治療全般で治療後の後戻りがあります。「後戻り防止装置」を付けて数か月ごとにメンテナンスをすることで、最小限に抑えることはできます。

1200682_edited.png

Q

矯正治療中はどのくらいの間隔で通院すればよいですか?

1200682_edited.png

A

通院間隔は1か月から2か月に一度になります。その際に、現状の歯並び写真撮影、マウスピースの装着状態や調整、歯のクリーニングを行います。

1200682_edited.png

Q

追加で費用がかかることがありますか?

1200682_edited.png

A

マウスピース矯正は、使用しているマウスピースのフィットが合わなくなることがあります。それにより新たにマウスピースを作製することになりますが、当院のインビザライン治療は、事前に治療計画書にて治療費総額をご提示しますので、追加費用は一切かかりません。

1200682_edited.png

Q

スポーツをしていてもマウスピース矯正での治療はできますか?

1200682_edited.png

A

基本的には問題ありません。人との接触がある激しいスポーツでもマウスピースを装着したままで大丈夫です。

1200682_edited.png

Q

管楽器の演奏などに支障はありますか?

1200682_edited.png

A

基本的には支障ありません。マウスピースを装着したままでも演奏できます。万が一、支障をきたす場合は一時的に外すこともできます。

1200682_edited.png

Q

虫歯や歯周病がある場合、矯正治療はできますか?

1200682_edited.png

A

虫歯や歯周病がある場合はその治療を先に行います。また、もし矯正治療中に発症してしまった場合には、矯正治療に支障が出ないように治療を行います。

1200682_edited.png

Q

マウスピースを付けている時にタバコは吸えますか?

1200682_edited.png

A

マウスピースを衛生的に保つためには外して吸って頂くことをお勧めします。装着したまま喫煙した場合はマウスピースにヤニによる着色、汚れが付くことがあります。

1200682_edited.png

Q

もしマウスピースを失くしてしまったら、どうしたらよいですか?

1200682_edited.png

A

マウスピース型を紛失した場合は、すぐに当院にご連絡をお願いします。シミュレーションデータを元に、再度マウスピース装置を作ることが可能です。しかし、装置は海外で作製するため、届くまでに2~3週間ほどのお時間がかかます。

​上記以外にご質問がある方は「無料相談」をご利用ください。

気になる方は、
まずはお気軽に​無料相談へ!

​過去に1000名以上の方が受けられており、気軽にお話が聞けます。

問診する看護士